サイディング張り替え

サイディング張り替え

サイディングはがれ

サイディング張り替え

モルタルはがれ

サイディング張り替え

サビ・腐食

築30年以上経過しており、
上記症状があれば
塗装ではなく
張替えをおススメしています。

サイディング張替え

外壁の劣化が過度に進むと、塗装ではメンテナンス不可能です。そのようなときは外壁サイディングの張替えか、外壁カバー工法をおススメしています。

●サイディング張替え ・・・既存の壁材を剥がし、新しく壁材を貼り付けます。耐久性が高い金属サイデイングがおススメです。
●外壁カバー工法・・・既存の壁材の上にサイディングを貼り付けます。耐震性と耐久性の観点から、金属サイディングをおススメしています。

工事内容 足場費用 目安費用 メリット デメリット
サイディング
張替
既存の壁を解体撤去し、新しくサイディングを張る方法(新規コーキング充填を含む) 180~250万円 ・外壁が新しくなるため、耐久性が長い(30~40年)
・外壁の軽量化ができるため、耐震性が増す
・最も費用が掛かる。
・長期的に見れば安い場合もある。
サイディングの
カバー工法
既存の壁の上に、新規木下地や外壁下地とサイディングを張る方法(新規コーキング充填を含む) 150~200万円 ・外壁が新しくなるため、耐久性が長い(30~40年)
・壁が2重になり、遮音性、断熱性が増す
・外壁が多少重くなるため、耐震性は▲
外壁塗装 既存の壁に塗装します。(コーキング打ち直し含む) 70~120万円 ・短期的に見れば、最も低コスト。 ・10~15年ごとに、塗装が必要となるため、
長期的に見るとコスト高となる場合も

外壁塗装?
サイディング張替え?

外壁塗装?サイディング張替え?

外壁塗装で対処可能か、サイディングの張替えがいいかは、壁の状態と、お客様の今後のライフプランによって異なりますが、サイデイングを検討する基準のひとつに、築30年経過しているかどうかです。
そのうえで、壁の状態が悪く、かつ、建て替えや引っ越しの予定等が一切ない場合に張替えをご提案するケースが多いです。張替えは、壁を剥がすため、遮音材、断熱材や、基礎の破損もメンテナンスできるため、そのお住まいに長く住むにはベストな選択肢の一つです。

窯業系と金属系、
どっちがいいの?

窯業系と金属系、どっちがいいの?

よく、張替えの際、金属系サイディングは、メンテナンスフリーという業者がいますが、それは正しくありません。特にガルバリウム鋼板はさびにくいですが、メンテナンスにコストがかかります。メリットもたくさんありますが、傷などで錆が進むケースもあります。また、窯業系も金属系も、定期的なメンテナンス(コーキングや塗装)は必要ですし、金属系は、デリケートな材質と覚えておいてください。
メリットも多い金属系ですが、安易に金属系は塗装不要でメンテフリーという提案には気を付けましょう。

外壁サイディング材の
比較

窯業系サイディング

窯業系サイディング

低コストでデザイン性が豊富なため、現在の新築住宅の約7割は、この窯業系サイディングです。
●メリット・・・金属系サイディングと比較すると、コストは低めです。デザイン性にも優れています。
▲デメリット・・・コーキングや塗装などの定期的なメンテナンスが必要です。

金属系サイディング

金属系サイディング

軽量でメリットもおおい金属系サイディングですが、デメリットもしっかり把握しましょう。
●メリット・・・遮音性や防水性も高く、軽量なため、耐震性も高くなるなどのメリットがあります。
▲デメリット・・・窯業系サイディングと比較すると、費用は高くなります。メンテナンスもある程度必要です。

一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。
屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。

こんな症状がでたら、まずは点検を!

瓦の割れ、ズレ

瓦の割れ、ズレ

屋根のサビ、色あせ

屋根のサビ、色あせ

屋根の歪み、剥がれ

屋根の歪み、剥がれ

雨どいゆがみ、外れ

雨どいゆがみ、外れ

屋根は築8~12年たったら、
一度点検をお勧めしています。


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士
  • 二級建築士
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 職長・安全衛生責任者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 他、多数

News & Topics