長野で屋根塗装を行う前に!屋根塗装のサイクルの目安とは?

2023年1月16日更新

屋根塗装のサイクル

 

みなさんこんにちは!
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。

 

しろくまペイント

屋根のリフォームは大切なお住まいに長く住むためには必要と聞いたことはあるけれど、どれくらいのサイクルで行ったらいいの?

このように不安に思う方も多いのではないでしょうか。

屋根は普段生活している中でなかなか見ることが出来ない場所なので、長期間放っておくといつの間にか寿命が来ていたなんてこともあります。

したがって定期的な点検とメンテナンスが必要です。

今回は劣化状態の判断基準や屋根材別のメンテナンス時期をご紹介していきます!

屋根のメンテナンスに不安のある方は、是非ご参考になさって下さい。

 

 

屋根の劣化、どのように判断する?

 

屋根塗装を行う際に屋根の劣化状態から判断をする方法があります。

劣化状態によっては下地処理だけでは対応できず補修が必要になりますし、放置することで雨漏りにも繋がるため、早めの補修と塗装をすることをおすすめします。
また、苔やカビが発生していても屋根塗装する必要があります。
塗装は元々これらを防ぐ機能を持っていますが、発生したということは機能が失われていることを意味するのです。

こちらでは、劣化の判断基準を要注意度によってご紹介します!

今一度、お住まいの屋根にこういった症状がないか地上から見える範囲でチェックしてみて下さい。

 

でも、地上からでは見えない部分も多いのではないかと思います。

屋根は登るのも大変ですし、万が一苔や藻が生えていたら滑って落下してしまう危険性もあります。

当店では無料で屋根の点検を行っておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください!

無理な営業も一切行いませんのでご安心くださいね。

 

《Check!》築8~12年たったら、一度点検をおすすめ!「屋根・外壁0円診断」

「しろくまペイント」の屋根・外壁0円診断

「どんな工事が必要なの?本当に必要なの?」「何がいいのか悪いのか。正直に教えてほしい」「いろいろ見積もりは取ったが、全部バラバラでわからない」など、こんなお悩みございませんか?そんな「良く分からないこと」を解決するのが当社の無料診断!

 

 

 

【要注意度:高】

瓦の落下、棟板金の浮き・釘抜け、漆喰の劣化・剥がれ

◆瓦の落下

瓦の落下

 

瓦のひび割れを放置していたり、また地震などの災害でも瓦は落下することがあります。落下したら要注意!

瓦があった場所は防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。この状態で放置をすると、雨が降った際に雨水が釘穴をつたい、野地板に浸入し雨漏りの原因となるのです。野地板が腐ってしまいますと、メンテナンスだけではなく屋根の葺き替えと大規模なリフォームになってしまうため、早急な対処が必要となります。

 

 

 

◆棟板金の浮き・釘抜け

 

棟板金の釘抜けとは、棟板金をおさえる釘がだんだんと抜けてきてしまう症状です。

釘が抜けたまま放っておくと、棟板金が浮いてくるだけでなく台風や強風で飛んでしまうこともあるので、無視できない症状です。

ここで押さえておきたいのが、棟板金を止めている釘は、築7~10年で抜けてきてくるという点です

これは棟板金の“熱膨張”によってどの家でも起こることです。

 

 

 

◆漆喰の劣化・剥がれ

漆喰の劣化

 

 

漆喰は、日本瓦やセメント瓦で瓦の固定・接着に使用されています。漆喰は築7~10年ほどで劣化し始めるので定期的な点検や補修が必要な部分になります。

あまり見えやすい場所ではないかと思いますが、もし地上からひびや剥がれが見えたら、それは劣化が進んでいる証なので要注意!

瓦を固定している力が弱まっているため、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。

 

 

 

【要注意度:中】

苔や藻・カビの発生、スレート瓦の反り・ひび割れ

◆苔や藻・カビの発生

苔

 

 屋根や外壁に苔・藻・カビが屋根や外壁に生えるということはその部分の水切れが悪くなっていたり、吸水して蒸発しにくくなっているということです。 屋根や外壁の水切れが悪くなる原因は表面の塗膜の劣化です。

防水性の低下は建材に悪影響を与えます。最悪の場合、雨漏りに繋がることもあります。

 

 

 

◆スレート瓦の反り・ひび割れ

スレート劣化

 

スレート瓦の防水性は大体10年ほどで低下します。劣化により、ほぼ剥き出し状態になってしまったスレート屋根は雨水や夜露をどんどん吸水してしまい、スレート自体の劣化が急激に進行、スレート屋根の強度の低下などを招いてしまいます。

最悪の場合、スレートが吸収した雨水が建物内部にまで染み込み、雨漏りに繋がることもあります。

 

 

 

【要注意度:低】

屋根材の色褪せ

屋根の色褪せ

 

塗膜の劣化が始まると、屋根材の色褪せが発生します。今すぐに屋根塗装をおこなう必要はありませんが、放置していると劣化があっという間に進行することもありますので、そうなる前に当店にぜひ一度ご相談ください。

 

《Check!》築8~12年たったら、一度点検をおすすめ!「屋根・外壁0円診断」

「しろくまペイント」の屋根・外壁0円診断

「どんな工事が必要なの?本当に必要なの?」「何がいいのか悪いのか。正直に教えてほしい」「いろいろ見積もりは取ったが、全部バラバラでわからない」など、こんなお悩みございませんか?そんな「良く分からないこと」を解決するのが当社の無料診断!

 

 

 

 

屋根材の種類毎に推奨されるメンテナンス時期を目安にするのも手!

 

外見から判断することも重要ですが、手軽に判断するには耐用年数を目安にするのが分かりやすいです。

 

スレート屋根

スレート

スレート屋根は瓦のような薄いセメント板を置いたものです。
この屋根は軽量にできることから多くの住宅で持ちいられている屋根になります。
このスレート屋根の耐用年数は15年~25年で、7~8年程度したら一度メンテナンスが必要です。

 

 

トタン屋根

トタン

トタン屋根は金属の板を使用したものでかつては様々な建築に用いられていました。
ただ、このトタン屋根は耐用年数が短く10~20年とも言われています。
またメンテナンス時期は10年程度となっているため、早めに塗装を検討する必要があります。

 

 

セメント屋根

セメント屋根

セメント瓦はスレートよりも分厚い日本瓦に近い形状の屋根材です。
このセメント瓦の耐用年数は30年~40年と長くメンテナンスも10~15年になります。
日本瓦と異なり屋根塗装を行うこともできるため、破損が目立ってきたら早めに塗装業者に依頼するのがおすすめです。

 

 

金属屋根

金属屋根

金属屋根はガルバリウム鋼板が代表的です。
この屋根材は錆に強い金属板を使用したものでトタンに比べると、約3~6倍の耐久性を発揮するとも言われています。
この屋根の耐用年数は20年~30年でメンテナンスも20年程度は必要ありません。

 

 

【こちらもご覧ください!】しろくまペイントの屋根塗装について

屋根塗装

 

 

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?
一概にメンテナンスといっても屋根材の種類は様々です。
まずは、自宅に使われている屋根材が何であるかを確認しましょう。
そのうえでメンテナンス時期が来ているのかを判断しましょう。
もちろんしろくまペイントでも無料で点検を行っています。
まずはお気軽にご相談ください。

 

 

屋根・外壁
無料診断実施中 !

無理な営業は絶対にしません !
お気軽にお問い合わせください!

[営業時間]  8:00~18:00 土日祝も対応!
24時間365日受付中!メールでのお問い合わせ

 

 


長野の屋根工事・雨漏り修理・外壁塗装専門店
【しろくまペイント】
https://naganoshitosou.com/
住所:長野県長野市若里1丁目27−2

お問い合わせ窓口:0120-367-029
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県長野市・千曲市・須坂市・中野市・大町市・上田市、他

★ 長野のお客様の施工実績多数掲載!

長野の屋根工事の施工実績  https://naganoshitosou.com/case/

雨漏り修理はコチラ  https://naganoshitosou.com/amamori/
外壁屋根無料診断はコチラ https://naganoshitosou.com/inspection/

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://naganoshitosou.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士
  • 二級建築士
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 職長・安全衛生責任者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 他、多数

News & Topics