タスペーサーの重要性 ~雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは

2023年1月17日更新

 

タスペーサー

 

しろくまペイント

突然ですが「縁切り(えんきり)」「タスペーサー」という言葉を聞いたことがありますか?

多くの方にとって、あまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

また、「縁切り」と聞くと別の意味で捉える方もいらっしゃるかもしれません。

今回ご紹介する「縁切り」は「屋根の縁切り」で、一般的な意味とはまた別の意味で使われています。

これらは実は屋根やお住まい全体のためにとても重要で、これから屋根塗装を検討している方にはぜひ意味を知っていただきたい言葉です。詳しく解説しますので、ぜひご参考になさって下さい。

 

 

 

「縁切り」「タスペーサー」って何?

縁切り・タスペーサー

 

簡単に言うと、
 
縁切り
は、「屋根塗装を行った際に、屋根と屋根の間に隙間を作る作業」
 
タスペーサー
「縁切りを簡単に行うための道具」で、
 
雨漏りを防ぐ
ために必要な作業のことです。
 
(ただし、すべての屋根で必要な作業ではありませんので、しろくまペイントではきちんと屋根の状態を確認してから必要であればご提案しています。)

 

 
 

縁切りはどんな屋根に必要なの?

 

縁切りは全ての屋根に必要な作業ではありません。

スレート屋根やスレート瓦の屋根の塗り替え時に必要な作業です。
(商品名だとカラーベストやコロニアル)

 

スレート屋根

スレート瓦


 
屋根には、屋根材と屋根材の間に隙間があります。
隙間があると、「雨が入ってしまうんじゃ?」と心配になる方もいらっしゃると思いますが、隙間があろうとなかろうと、強風時や大雨など想定外の雨が降ったときには、構造上雨水が屋根材の下にも入り込んでしまいます。
 
この入ってしまった雨水を排出し、屋根の内側に湿気を溜め込ませないようにするために、屋根材と屋根材の間には隙間が必要になります。
 
また、結露から守るためにも隙間は必要です。寒い日の窓ガラスを想像するとわかりやすいと思いますが、あたたかい室内と寒い屋外、内側の窓に結露ができていますよね。
これは、内側と外側の温度差が原因。同じことが屋根の内側でも起きているのです。
結露も雨水が入った時と同様に、排出することができなければ、結露した水分がたまってしまい、内部の断熱材や木材を腐らせてしまう恐れもあります。

 

あなたのお住まいの屋根は大丈夫?しろくまペイントでは屋根の点検を無料で行っています!▼

《Check!》築8~12年たったら、一度点検をおすすめ!「屋根・外壁0円診断」

「しろくまペイント」の屋根・外壁0円診断

「どんな工事が必要なの?本当に必要なの?」「何がいいのか悪いのか。正直に教えてほしい」「いろいろ見積もりは取ったが、全部バラバラでわからない」など、こんなお悩みございませんか?そんな「良く分からないこと」を解決するのが当社の無料診断!

 

 

 

塗装をすることで必要な溝が塞がってしまう?

 

縁切りが必要なスレートの屋根材は表面に溝があるのですが、この溝があるお陰で屋根材の下に雨水が侵入した際、外へ排出してくれるのです。
しかし、屋根塗装をすることでこの溝を塗料で塞いでしまうことがあります。

そうすると雨水の逃げ場がなくなって屋根の下地の腐食、ひいては雨漏りに繋がってしまうのです。

 

雨漏りかも?と思ったらコチラ▼

 

《Check!》雨漏り無料相談0円&雨漏りを即日で止めます!「しろくまペイント」の雨漏り調査修理

「しろくまペイント」の雨漏り調査修理

急な雨漏り困ってませんか?雨漏り鑑定士の資格を持ったスタッフが、散水試験で雨漏りの原因を突き止め最短即日雨漏りを止めます。

 

 

 
 

タスペーサーを使用せず縁切りを行うデメリット

 

 

塗装でくっついてしまった屋根材と屋根材の間をカッターや皮スキと呼ばれる道具で屋根材の間に差し込んで、塗膜を切断し、隙間を作ること、それが縁切りです。
縁切りを行うことで、雨水や湿気がスムーズに排出される状態を保つことができますが、作業時には「ベリっ」とかなり大きな音がします。また、重なった部分に塗っていた塗料は乾きが遅いため、再びくっついてしまうこともあります。
塗装後の作業になるため、完成した塗装を踏んで汚してしまう恐れもあり、何よりもせっかく塗った塗装を剥がさなくてはならないというデメリットがあります。
 
 

 

 

縁切りを簡単に!「タスペーサー」

 
この縁切りを簡単に行うための道具が「タスペーサー」で、塗装した屋根材と屋根材の間に挟み、屋根材を持ち上げた状態で固定させます。
「縁切り」したときと同じ状態を維持することができる小さな金具になります。
 

 

タスペーサーを使用するメリット

 

縁切りの代わりにタスペーサーで作業した場合のメリットは
 
①美観を保つ、②工期短縮、③価格が安い
 

という3点です。


 
①美観を保つ

 
上記でお伝えした通り、縁切りは完成した塗装の後に行う作業です。
隙間を作るため、塗った塗膜を剥がすので塗装を傷つけてしまったり、せっかく塗った塗膜の上に乗って行う作業のため、踏んで汚れてしまうこともあります。
それに対して、タスペーサーは下塗りの後にタスペーサーを挿入し隙間を作ります。完成後の塗装に対して触れることもありませんから、 傷つけてしまうことも、踏んで汚してしまうこともありません。
それぞれの工程は下記の通りです。

 

タスペーサーの工程

1.下地調整→2.下塗り3.タスペーサー挿入→4.中塗り→5.上塗り
 
縁切りの工程
1.下地調整→2.下塗り→3.中塗り→4.上塗り5.縁切り

 


 
 
②工期短縮

 
一般的なお宅の屋根の縁切りを行う場合、職人2人で行っても作業時間は約1日かかってしまいます。
また、①でもお伝えした通り、縁切りは完成した塗装後に行う作業のため、タスペーサーで作業するよりも足場の解体が1日ずれてしまいます。

タスペーサーの場合は、職人1人で行い約2時間程度で終了できますし、下塗りと中塗りの間に行うため、工期の短縮ができます。
 
 

 


③価格が安い

 
縁切りでの作業の場合は人件費が1日分かかるため、費用は5万円~6万円かかりますが、タスペーサーの単価は1個20円から50円程度。20坪から30坪くらいのお宅の場合で、700~1000個必要と言われていますが、それでも費用は1,5万円~5万円程度で縁切りよりも安く済ませることが可能です。
 

 

 


 

最後に


 
塗装を汚すことなく、工期の短縮も人件費の削減もできるタスペーサー。

ここまで読んで、「雨漏りから家を守ってくれるし、設置したい!」って思われた方もいらっしゃると思います。
 
しかし、タスペーサーが不要な屋根、タスペーサーが取り付けられない屋根というものも存在します。
 
しろくまペイントでは、お住まいの屋根をしっかりと調べさせていただいた上で、縁切りが必要な屋根であれば、タスペーサーでの縁切りをご提案させていただいています。

 

しろくまペイント

屋根の状態に少しでも不安な点があれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

しろくまペイントの無料診断は屋根・外壁問わずお住まい全体をチェックいたします!

 

 

屋根・外壁
無料診断実施中 !

無理な営業は絶対にしません !
お気軽にお問い合わせください!

[営業時間]  8:00~18:00 土日祝も対応!
24時間365日受付中!メールでのお問い合わせ

 


長野の屋根工事・雨漏り修理・外壁塗装専門店
【しろくまペイント】
https://naganoshitosou.com/
住所:長野県長野市若里1丁目27−2

お問い合わせ窓口:0120-367-029
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:長野県長野市・千曲市・須坂市・中野市・大町市・上田市、他

★ 長野のお客様の施工実績多数掲載!

長野の屋根工事の施工実績  https://naganoshitosou.com/case/

雨漏り修理はコチラ  https://naganoshitosou.com/amamori/
外壁屋根無料診断はコチラ https://naganoshitosou.com/inspection/

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://naganoshitosou.com/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士
  • 二級建築士
  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 職長・安全衛生責任者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 他、多数

News & Topics